ビジター用:近況・ニュース

 

“ビジター様”用:[近況・ニュース」欄のタイトル(2018年春)

2018-04-08 講習会で勉強してきました(4月7日)

“ビジター様”用:[近況・ニュース」欄のタイトル(2018年冬)

2018-02-27 そば打ちに伴う腰痛について

“ビジター様”用:[近況・ニュース」欄のタイトル(2017年)

2017-12-29 カリンシロップを作りました

“ビジター様”用:[近況・ニュース」欄のタイトル(2016年)

2016-11-29 素人そば打ち日光段位認定会の報告(11月19日・20日)
 

わかめ入り蕎麦を打ちました

2018-04-04
   生わかめをミキサーで砕く前
   型枠で途中まで延したところ
     全部を一気に切った
  購入した生わかめを洗って絞り、計量したところ121.9gでした。これを全量ミキサーに入れ、水304ccを加え、3分間粉砕。脈動していたのが連続回転になるまで続けました。このドロドロ液のうち使用したのはほんのわずかだったので、余分は小さなビン2つに分けて、170g×2個=340gを冷凍保存しました。
  
  ドロドロ液体のままそば粉100gに加水しましたが、この時加水量を計るのを忘れてしまい、正確な量は分かりませんが、玉重量が148.78gだったので、蒸発量を考えると49~50g(‘cc‘ではありません)位だったかと思います。
 
  これを型枠を使って1.8mm厚×9.8cm×86cmに延しました。多少水が少ないように感じましたが、なんとか形にはなりました。ですが切りでは思うように滑らかに切れず、わかめの繊維が邪魔したのかもしれません。
 
  食感はそば粉10割なので滑らかさが感じられず、わかめでつるつるな食感が出るかと期待していたのですが、残念ながら今回は失敗でした。自己評価も8点でした。また配合を変えて再チャレンジしてみます。できれば塩わかめを改めて購入してやってみたいと思います。
 
 
 

大麦蕎麦を打ちました

2018-04-02
  大麦はフードスーパーで購入した「ライスアイランド」が販売している「もちもち麦」という商品を使いました。500gで329円でした。これを「ひきっこ」という超高速回転のミルで粉砕し、30目の篩で篩いました。100gを粉砕して87gを得ました。このうち20gを使用しました。
  
  自家製粉そば粉を60g+大麦粉20g+打粉20gの合計100gに水49.5gを加え、練りました(加水率49.5%)。かなりよく練らないと割れが出ます。これを型枠を使って幅10cm程度にして長さ85cm位に延ばします。厚さは1.5mmでした。
 
  切りは細めにしてできるだけ断面が四角になるようにしました。途中写真はありませんので、【お知らせ】に掲載した茹でた蕎麦の写真をご覧ください。茹で時間は40秒でした。
 
  味や色に特に変化はなく、食感もそれほど大きくは変りません。いつもの蕎麦のように美味しく食べられました。栄養価は蕎麦と同様かなり高いので、増量剤として使えるかもしれません。小麦粉を多くするよりはましです。ですが繋がりは悪くなると思われるので、二八の割合くらいが適当かもしれません。今度は50%を加えてみようかと思っています。
 
 
 
 
  

青じそ蕎麦を打ちました

2018-04-01
茹でた青じそ蕎麦
     茹でた青じそ蕎麦
  昨日も今日も、打ったのは100gです。そば粉80gにつなぎ20gを加えた100gを用意します。S&B食品が販売している「きざみ青じそ」のペーストを10gメジャーカップに入れ、水を40g加えます。これをよく混ぜてそば粉に注ぎ入れ、よく捏ねます。水量は適宜追加して調整してください。型枠を用いて四角に延し、厚さ2.0mmで86cm×9.5cmの大きさにします。4枚に重ねて切ります。かなり細く切りました。
 
  出来た蕎麦はほとんど色は付きませんでしたが、約30秒で茹でて食べたところ、喉で飲みこむ際に青じその強い香りを感じました。食べ終わってからもシソのさわやかな刺激が口の中に残りました。とても美味しかったです。ですがそば自体の香りは消え去ったようです。鼻が利く人にとっては香りが強すぎるかもしれませんので、ペースト量を5~8g程度に減らしても良いのではないかと思います。
 
  これから、いろいろな食材を使ってソバとのコラボレーションを試してみたいと思っています。
 
 
 

全麺協・東日本支部の競技会に初出場しました

2018-03-25
チェックNEW
      前日の試し打ち
       切り作業
    作品展示を見る人達
  (この記事は遅れて4月8日に掲載したものです)
  2月25日の足利の競技会に続けて、今度は全麺協・東日本支部の競技会に出場しました。もちろんこの大会への出場は初めてです。前回大失敗したにも拘わらず、性懲りもなく出場する羽目になってしまいました。そしてここでも失敗してしまい、つくづく競技会というものに対する訓練が足らないことを思い知らされました。
 
  個人戦の参加者はやはり関東が多く、最も遠い所からの参加は郡山市でした。団体では杉戸麺打ち愛好会小川道場・秩父そば打ち倶楽部蕎楽会・圏央手打ちそばクラブが2チームを出していました。面白いことに、ペアの表彰では全12チームに「ユーモア賞」などの賞を与えていることです。団体では20チームが参加し、彩蕎一門会が1位、さいたまそば打ち倶楽部が2位、せいち庵そば打ち倶楽部が3位でしたが、ブービー賞がありました。どこが該当したかは伏せておきます。
  個人戦は45名参加したようです。ノムさんは3組目に登場しました。粉は三段位審査用のものを使い、そば粉1.3キロにつなぎ0.2キロを加えた約8.7割の粉1.5キロ打ちです。水量でまた失敗し、かなり固くなって延しに時間が掛かり、最後の片付けが終わりませんでした。ですが鉢を戻して終了のブザーと同時に手を上げました。すると一斉に大きな拍手が沸き起こりました。どうも私のことを皆さんが冷や冷やして観戦しておられたようです。恥ずかしい限りでした。
 
  三段審査用の試験粉は4kg取り寄せて練習はしていたのですが、実際に打ってみると水が足らなかったようなのです。残念な事ですが練習が不足していたとしか言いようがありません。そこで丁度都合がよく「指導者講習」の案内が来ていたので、これに参加することにしました。もっと練習するしかないのだと改めて感じさせられた大会でした。
 
  一つ大きなニュースがあります。今回の出場にベトナムの若い友人(24歳)が同行してくれたことです。彼はそばに興味を持っていたので、誘ってみました。ベトナムでは暑い気候のためソバはできないそうです。ですが中国からの輸入品が手に入る可能性はあります。また「うどん」を打つことはできるでしょう。彼がさらにそば打ちに興味を持ってくれることを願っています。
 
 
 
 
  

大会用の試験粉を打ちました

2018-03-20
小さい型枠で四角に延し広げたところ
大きい型枠で四角に延し広げたところ
縦に延したところ
  全麺協の審査用の試験粉は不味くて高いというのが定評ですが、そばネット埼玉の粉は幌加内産でしかも格安でした。しかも自分の粉より美味しいという驚きの結果でした。粉は三段用と書いてありましたので、三段審査に使われるのと同等品ということなのでしょう。【お知らせ】で紹介した写真を見ると、そば粉1個1個が見分けられますので、かなり粗そうです。殻もわずかに混じっています。これは蕎麦のホシ(星)となります。
 
  以下に再度の説明となりますが、100g打ちのやり方を含めて試験打ちの結果を報告します。
 
  まず試験粉をテストするため、実体デジタル顕微鏡で写真を撮りました(【お知らせ】写真)。粉密度と玉密度を測定しようと思いましたが、100g打ちの玉量では少なすぎて玉密度は測れなかったので明日またご報告します(翌日測ったところ、1.192g/ccでした)。粉密度は0.59g/ccでしたが、これは充填の仕方でかなり変わります。以前に別の粉を測った値で、0.6811という値もあります。今回は自然落下による充填方法を採用しました。
 
  次に最適水量を測定しました。粉はそば粉86.7g+つなぎ13.3gの合計100gで、割合は外二(83.3%)に近い割合で、86.7%でした。最初の1回目の加水は約47gでしたが、自分が適当な固さだと判断できるまで4~5回ほど少量を追加していき、最終的に51.60gとしました。加水率は51.6%ということになります。大体予想通りでした。
 
  うっかり玉重量を測り忘れて打ちに入ってしまいました。まず棒状に転がして適当な長さにします。つぎに2種の型枠を使用し、2段階に四角にしていきます(写真左・中央)。これを型から外して、縦に置き、短い延し棒(60cm)で前後に延ばしていきます(写真右)。長さ77.5cmになったところで幅を計測したところ約10cm弱でした。厚さは1.5mm程度でした。
 
  4枚に畳んだところ、寸法は10×20cmとなりました(続き写真)。切りでは多少屑が出ましたが、概ね綺麗に切れました(続き写真)。製品は153g、屑は13.64gでしたので、屑の割合はかなり高いと言えます。両端で出る屑の割合が大きくなるのは少量打ちの場合やむを得ないことです。
 
  出来た蕎麦の味がとてもよく、滑らかでした(続き写真)。ただコシだけはいつも打っている蕎麦よりは劣りました。少々粗い粉ですのでそれは仕方ないことだと思います。この美味しさにはとても感動しました!