ビジター用:近況・ニュース

 

“ビジター様”用:[近況・ニュース」欄のタイトル(2018年春)

NEW
2018-04-08 講習会で勉強してきました(4月7日)

“ビジター様”用:[近況・ニュース」欄のタイトル(2018年冬)

2018-02-27 そば打ちに伴う腰痛について

“ビジター様”用:[近況・ニュース」欄のタイトル(2017年)

2017-12-29 カリンシロップを作りました

“ビジター様”用:[近況・ニュース」欄のタイトル(2016年)

2016-11-29 素人そば打ち日光段位認定会の報告(11月19日・20日)
 

わらび餅粉入り蕎麦を打ちました

2018-04-06
  わらび餅粉に熱湯を加えたところ
   つなぎを入れて混ぜたところ
     型枠延ししたところ
   85cmまで延したところ
       切ったところ
     パックに収めたところ
  わらび餅粉は市販のものを買いました。ですが、これはわらびそのものから取ったものではなく、サツマイモ(甘藷)から造ったデンプンです。本物の蕨粉はグラム数の表示がないのですが¥15,000もするのでとても使えません。購入したものは「わらび餅粉」という名称で売っており、九州の鹿児島県で生産したサツマイモから造っているようです。なんと200gで¥98でした。本物は黒い粉ですが、これは綺麗な白です。味は兎も角安いのが良い点です。
 
  わらび餅粉を20g取り、これをボールに入れて熱湯を46.5g注ぎました。素早くへらで掻き混ぜましたが、粘りのない懸濁液状態になりました。これにつなぎ小麦粉を20g加えて掻き混ぜます。多少とろっとした感じの状態になりました。さらに自家製粉そば粉60gを加えて掻き混ぜ、さらに手で練ります。多少混ざりにくいため、何度も重ねるようにして捏ねます。水を数滴加えた方が良かったのかもしれませんが、問題はありませんでした。これを棒状にして型枠で四角に延し、さらに麺棒で長く伸ばしました。前記事とほぼ同じ厚さ、縦横寸法になったと思います。
 
  これを細目に切り、茹でたところ、水洗いの段階でつるつる感が出ており、氷締めしたあと汁無しで食べてみたところ、ツルツルしていてしかも噛んだ時の食感がこれまでにないコシを感じました。「シコシコ」ではなく、「コリコリ」という感じなのです!ある意味でそうめんのような食感でしたが、そうめんよりははるかにコシが強く、独特でした。
 
  そば湯もこれまでより美味しく感じられました。わらび餅粉には甘味は全くないのですが、とろみが出たせいか不思議にそば湯がおいしくなった気がしました。
 
  これまで味わったことのない食感に驚きました。これからはこの蕎麦に限ると思ったくらいです。ぜひ皆さんもお試しください。
 
  わらび餅粉について詳細記事を載せました。そば仲間の方はログインしてご覧ください。
 
 
 

わかめ入り蕎麦を打ちました

2018-04-04
   生わかめをミキサーで砕く前
   型枠で途中まで延したところ
     全部を一気に切った
  購入した生わかめを洗って絞り、計量したところ121.9gでした。これを全量ミキサーに入れ、水304ccを加え、3分間粉砕。脈動していたのが連続回転になるまで続けました。このドロドロ液のうち使用したのはほんのわずかだったので、余分は小さなビン2つに分けて、170g×2個=340gを冷凍保存しました。
  
  ドロドロ液体のままそば粉100gに加水しましたが、この時加水量を計るのを忘れてしまい、正確な量は分かりませんが、玉重量が148.78gだったので、蒸発量を考えると49~50g(‘cc‘ではありません)位だったかと思います。
 
  これを型枠を使って1.8mm厚×9.8cm×86cmに延しました。多少水が少ないように感じましたが、なんとか形にはなりました。ですが切りでは思うように滑らかに切れず、わかめの繊維が邪魔したのかもしれません。
 
  食感はそば粉10割なので滑らかさが感じられず、わかめでつるつるな食感が出るかと期待していたのですが、残念ながら今回は失敗でした。自己評価も8点でした。また配合を変えて再チャレンジしてみます。できれば塩わかめを改めて購入してやってみたいと思います。
 
 
 

大麦蕎麦を打ちました

2018-04-02
  大麦はフードスーパーで購入した「ライスアイランド」が販売している「もちもち麦」という商品を使いました。500gで329円でした。これを「ひきっこ」という超高速回転のミルで粉砕し、30目の篩で篩いました。100gを粉砕して87gを得ました。このうち20gを使用しました。
  
  自家製粉そば粉を60g+大麦粉20g+打粉20gの合計100gに水49.5gを加え、練りました(加水率49.5%)。かなりよく練らないと割れが出ます。これを型枠を使って幅10cm程度にして長さ85cm位に延ばします。厚さは1.5mmでした。
 
  切りは細めにしてできるだけ断面が四角になるようにしました。途中写真はありませんので、【お知らせ】に掲載した茹でた蕎麦の写真をご覧ください。茹で時間は40秒でした。
 
  味や色に特に変化はなく、食感もそれほど大きくは変りません。いつもの蕎麦のように美味しく食べられました。栄養価は蕎麦と同様かなり高いので、増量剤として使えるかもしれません。小麦粉を多くするよりはましです。ですが繋がりは悪くなると思われるので、二八の割合くらいが適当かもしれません。今度は50%を加えてみようかと思っています。
 
 
 
 
  

青じそ蕎麦を打ちました

2018-04-01
茹でた青じそ蕎麦
     茹でた青じそ蕎麦
  昨日も今日も、打ったのは100gです。そば粉80gにつなぎ20gを加えた100gを用意します。S&B食品が販売している「きざみ青じそ」のペーストを10gメジャーカップに入れ、水を40g加えます。これをよく混ぜてそば粉に注ぎ入れ、よく捏ねます。水量は適宜追加して調整してください。型枠を用いて四角に延し、厚さ2.0mmで86cm×9.5cmの大きさにします。4枚に重ねて切ります。かなり細く切りました。
 
  出来た蕎麦はほとんど色は付きませんでしたが、約30秒で茹でて食べたところ、喉で飲みこむ際に青じその強い香りを感じました。食べ終わってからもシソのさわやかな刺激が口の中に残りました。とても美味しかったです。ですがそば自体の香りは消え去ったようです。鼻が利く人にとっては香りが強すぎるかもしれませんので、ペースト量を5~8g程度に減らしても良いのではないかと思います。
 
  これから、いろいろな食材を使ってソバとのコラボレーションを試してみたいと思っています。
 
 
 

全麺協・東日本支部の競技会に初出場しました

2018-03-25
チェックNEW
      前日の試し打ち
       切り作業
    作品展示を見る人達
  (この記事は遅れて4月8日に掲載したものです)
  2月25日の足利の競技会に続けて、今度は全麺協・東日本支部の競技会に出場しました。もちろんこの大会への出場は初めてです。前回大失敗したにも拘わらず、性懲りもなく出場する羽目になってしまいました。そしてここでも失敗してしまい、つくづく競技会というものに対する訓練が足らないことを思い知らされました。
 
  個人戦の参加者はやはり関東が多く、最も遠い所からの参加は郡山市でした。団体では杉戸麺打ち愛好会小川道場・秩父そば打ち倶楽部蕎楽会・圏央手打ちそばクラブが2チームを出していました。面白いことに、ペアの表彰では全12チームに「ユーモア賞」などの賞を与えていることです。団体では20チームが参加し、彩蕎一門会が1位、さいたまそば打ち倶楽部が2位、せいち庵そば打ち倶楽部が3位でしたが、ブービー賞がありました。どこが該当したかは伏せておきます。
  個人戦は45名参加したようです。ノムさんは3組目に登場しました。粉は三段位審査用のものを使い、そば粉1.3キロにつなぎ0.2キロを加えた約8.7割の粉1.5キロ打ちです。水量でまた失敗し、かなり固くなって延しに時間が掛かり、最後の片付けが終わりませんでした。ですが鉢を戻して終了のブザーと同時に手を上げました。すると一斉に大きな拍手が沸き起こりました。どうも私のことを皆さんが冷や冷やして観戦しておられたようです。恥ずかしい限りでした。
 
  三段審査用の試験粉は4kg取り寄せて練習はしていたのですが、実際に打ってみると水が足らなかったようなのです。残念な事ですが練習が不足していたとしか言いようがありません。そこで丁度都合がよく「指導者講習」の案内が来ていたので、これに参加することにしました。もっと練習するしかないのだと改めて感じさせられた大会でした。
 
  一つ大きなニュースがあります。今回の出場にベトナムの若い友人(24歳)が同行してくれたことです。彼はそばに興味を持っていたので、誘ってみました。ベトナムでは暑い気候のためソバはできないそうです。ですが中国からの輸入品が手に入る可能性はあります。また「うどん」を打つことはできるでしょう。彼がさらにそば打ちに興味を持ってくれることを願っています。