本文へ移動

ビジター用:近況・ニュース

両国の老舗そば屋の「玉屋」に行きました

2016-03-12
     両国「玉屋」正面            討ち入り定食           手打ちもり
 
 今日、東京に出る用事があったので、その前に両国の老舗の蕎麦屋さんの「玉屋」でもりそばを食べ、江戸東京博物館に行ってそばに関する資料を探しました。この項では玉屋さんのことを書きます。

玉屋さんは創業1919(大正8)年の老舗の蕎麦屋さんですが、現在は四代目が継いでいます。大正から昭和の雰囲気を残す小さな店ですが、赤穂義士が討ち入りした吉良邸近くという地元の両国を反映して「義士御膳」とか「討ち入り定食」というおもしろいメニューを工夫しています。安いもり蕎麦は製麺機で作ったもので¥550ですが、手打ちになると¥650になります。私は写真の右にある手打ちもりを食べました。人気メニューは写真にある「討ち入り定食」だそうです。会食の前だったのと、食べ歩きではいつも「もり」一辺倒なので、今回も「もり蕎麦」にしました。北海道産や福井産、茨城産などのブランド蕎麦粉を使用しているそうです。自家挽きとのことですが、そばの味は9点というところでしょうか。コシも私の判断では9点ですが、独特の粘りが強く、これは10点でした。汁もおいしかったので全体的には9点というところでしょうか。
メニューが豊富で、写真にも蕎麦寿司がありますが、蕎麦稲荷もありますし、季節には変り蕎麦を提供しているようです。この店独自の工夫でしょうが、年越しそばは全て茶そばを提供しているそうです。

両国駅東口を出ると目の前に「横綱通り」とかいう狭い商店街通りがあり、それをまっすぐ行くと京葉道路に出ますが、左に曲がるとすぐにあります。駅から徒歩2分という近さです。今度行ったときにはぜひ討ち入り定食を食べてみたいものです。(終わり)
 
TOPへ戻る