ビジター用:近況・ニュース

麺厚測定の方法と結果

2017-12-26
延しが終わった生地に測定位置の目安を付ける
測定位置で麺厚を自作測定器で計る
切り幅(マッチ棒で代用)を計る
  今回は延しの前後に於ける麺の厚さを各所で測定しました。延しの後でも結構厚さムラがあります。でも極端でないかぎり問題は余りありません。見た目が綺麗に仕上がるかどうかはむしろ切りの方が重要です。ですがやはりそば打ちを趣味としている人間としては、厚さを一定にして切りも揃えることに神経を使います。自分の延しがどの程度均一になっているかを知りたい一念もあって、今回測定をしたみたわけです。
 
  測定にはノギスを使いました。これはホームセンターで売っていたミニサイズのものを加工して自分で作成した麺厚測定器です。電子式の簡単に計れるものも売っていますが、どうも電子式は信用できない感じなので、機械的に自分の眼で読み取る方を信用しています。
 
  全部で41点を測定しましたが、最大厚さは2.2mm、最小厚さは1.1mmでした。平均は1.5mmでしたので、結構細めの麺を打つには最適な厚さとなりました。
 
  そば仲間の方は詳細データをエクセル表で見ることができます。【そば仲間】にログインして【近況・ニュース】をご覧ください。またこのデータは【そば研究】にも後日掲載する予定です。