本文へ移動

ビジター用:近況・ニュース

そばの保存について

2017-12-29
  手打ちをした蕎麦の保存について書きます。手打ちそばというものは、手を洗っているとはいえ素手で打つことから保存には注意を払わなければなりません。昔からそばは「三立て」が良いと言われてきました。いわゆる「挽き立て・打ち立て・茹で立て」のことです。ですから打ち立てに食べるのが本道であり、翌日に食べるというのはどうしても都合が付かない場合に限られます。
 
  どうしても翌日になってしまった場合は、冷蔵をして下さい。衛生的には数日でも大丈夫かもしれませんが、蕎麦の乾燥という問題があるため、2日以上は冷蔵できないと考えるべきです。
 
  翌々日以降になることが分かっている場合は冷凍すればかなり美味しく食べられます。それは蕎麦を冷凍すれば、そばの表面の水分も一緒に冷凍されますので乾燥をかなり遅らせることができるからです。解凍は常温で半日位掛けてゆっくり戻した方がいいです。冷凍では1週間位は保存できると思います。
 
  そばの保存についての実験結果を詳しく知りたいそば仲間の方は「そば仲間」にログインしてご覧ください。
 
 
  
TOPへ戻る