ビジター用:近況・ニュース

カリンシロップを作りました

2017-12-29
皮を剥いたところ
種の部分を切ったところ
ビン詰めした状態
  またまたそばの話題から逸れますが、ご容赦下さい。庵主は食べ物にはいろいろ興味を持っているので、畑で自作したものや採れた果物などの話題も提供していきたいと思っています。
 
  今回はカリンシロップです。これは喉にとても良いとされていますが、美味しいという点でも作る価値はあります。以前トルコ航空を利用したとき、機内食のデザートにカリンの実が出ました。味は覚えていませんが、多分美味しかったのでしょう。家内はよく覚えていました。
 
  レシピ:(ネットの『COOKPAD』から引用)
  用意する食材:①カリン1個・②グラニュー糖500g程度・③リンゴ酢、または白ワイン小さじ一杯程度
  用意する道具:包丁・まな板・鍋・大きめのスプーン・保存瓶2個
  ①カリンをざっと洗いし、水を拭き取ってから皮を厚く剥きます。さらに果肉を別に分けて切ります。
   最後に種だけを大雑把に切っておきます。
  ②皮と種を合わせて計量し、この重量に0.7を掛けた量のグラニュー糖を計り取ります。
  ③皮と種をビンにいれ、グラニュー糖を上から入れ、さらにリンゴ酢・白ワインのどちらかを大匙1杯加えます。
   これは加熱せずに長期間放置し、ときどき振って混ぜます。
  ④果肉部分を計量し、この重量に0.7を掛けた量のグラニュー糖を計り取ります。
  ⑤鍋に果肉とグラニュー糖を入れ、ひたひた程度に水を入れて20分中火で煮沸します。
  ⑥熱いままで果肉とシロップをビンにスプーンを使って入れます。
  ⑦数日以上経ってからシロップを濾し分けて飲用にし、果肉はそのまま食べるかケーキ材料として使います。
 
  以上のやり方は飽く迄も参考にして下さい。結果はまだノムさんも分からないのです。楽しみにしています。