本文へ移動

ビジター用:近況・ニュース

そば道にも通じるスポーツ選手の姿勢

2018-02-19
  このところピョンチャン冬季オリンピックで日本が連続して金メダルを獲得しました。おめでとうございます!
 
  羽生弓弦は怪我を押して痛み止めでこらえながらの金メダルで、その演技は世界をうならせました。日頃から羽生には若者らしからぬ大人の日本人以上の日本精神を見てきたことから尊敬していましたが、今回も練習を一切公開せず、数週間の練習で復活したのですから驚きとともに、「よくやった!」と絶賛して涙がこぼれそうになりました。
 
  昨日は小平奈緒が「女子でも金」の意地を見せ、見事に栄誉に輝きました。しかも親友だという韓国の女王である李相花と仲良く一緒に写真に収まっていたのが印象的でした。ソチでは同種目に5位だったため筋力トレーニングに限界を感じたそうです。オランダに留学したりして研究を深め、コーチから「怒った猫になれ」と助言され、姿勢が決まったと言います。
 
  練習で、「氷と仲良くする」ということに気が付いたそうです。それまでは力でねじ伏せようと氷とけんかしていたそうで、「氷と肩を組んで歩く」という境地にようやく達したと言っています。これはまさにそば打ちでも同様で、そばと喧嘩してねじ伏せようとするのはまだ未熟だということを意味しています。力を感じさせない打ち方こそ本物の打ち方であり、そのレベルに達した人が本当の名人なのです。これはどの武道・芸道でも同じであり、自然体こそ最も美しいものなのです。羽生の演技も小平の演技もそのような美しい演技でした。
 
  小平は「日本のいいところは何だろうと深く考えた」と言います。それを先人の知恵、古武術に求め、求道者に立ち返ったと言います。歯が1本の特注下駄を履いて日常的に訓練をし、動作解析や人間の解剖学にまで研究を進めたそうです。「五輪を迎えた時、試しておけばよかったということがないようにしたい」という言葉は、これから初の競技会出場を1週間後に控えたノムさんとしても心したい重い言葉です。
 
 
 
TOPへ戻る