ビジター用:近況・ニュース

延しについて測定結果から考察してみました

2018-03-10
地延し後の状態
丸出し後の状態
四つ出し途中を見せるために開いた状態
  延しには、①巻延し・②棒延し・③手延しの3種があります。この巻延しと棒延しのどちらが効果が大きいかを前記事のグラフから推測すると、1回の延しで比べると巻延しの方が効果が大きいことが分かります。ですが1回に掛かる時間を比較すると巻延しの方が時間が掛かることから、効率的には棒延しの方が良いと思われます。
 
  ですが巻延しには全体を均一の厚さにする効用がありますので、四つ出しの後に行うと良いのかもしれません。庵主はこれまで四つ出し後の巻延しをしたことはありませんが、これを取り入れている人も多いことから、次回打つ時にはこれを取り入れてやってみたいと考えています。前回の測定結果を再度掲載しますので、グラフから上記のことを確認してみてください。