ビジター用:近況・ニュース

名店「竹やぶ」の箱根店に行って開墾作業のお手伝いをしてきました

2017-04-02
  「竹やぶ」と言えば柏本店や六本木ヒルズ支店(閉店)、そして箱根店が有名で、お弟子さんが開いた店も各所にあります。その大御所は阿部孝雄氏で、現在は75歳ほどになって隠居の身分ですが、息子さんらがそのあとを継いでいます。箱根店はつい1ヵ月ほど前に店主が次男さんから長男さんに替わりました。阿部さんはお住まいは柏だそうですが、しばしば箱根を訪れて庭園整備に精を出しておられます。
  今回そば仲間のひろさんが誘ってくれて、箱根店の庭園整備に一汗搔く仕事のお手伝いに行きました。出迎えてくれた阿部氏は早速園内を案内してくれ、色紙などをいただきました。蕎麦は賄い用のとろろそばしか味わう機会がありませんでしたが、それ以上に店内・園内の素晴らしい雰囲気に呑まれてしまい、その規模と多彩さに圧倒されました。趣味の陶芸小屋、独りで楽しむ茶室、独自の温泉風呂など、それら全てを阿部さんは自ら手掛けて手作りしています。店内の大理石の床さえも自分で貼ったそうです。
  店内には有名作家の逸品が数多く飾られており、また建物にも組み込まれています。作家の作品を陳列した展示室もあるくらいです。今回は幸いなことに色紙多数と自作製本したものを2冊もいただきました。光栄なことです。その他にも天山温泉奥湯に案内してくれたり、甘酒茶屋でご馳走もしてくれました。大涌谷の展望台へのドライブでは素晴らしい天気に恵まれ、霊峰富士を仰ぐことができました。お弟子さんのそば打ちもちょっとだけ拝見させていただきました。
 
  滅多にこのような経験はできないと思いますが、その機会を与えてくれたひろさんには感謝してもしきれません。ありがとうございます。
 
  写真説明:左/店外の待合・中/店内の作家ものデザイン画・右/ひろさん・のむさん・阿部氏