本文へ移動

ビジター用:近況・ニュース

千葉県そば大学講座への参加を申し込みました

2017-05-11
  「そば大学」を名乗る講座には全麺協が主催する「日本そば大学講座」がありますので、これとは別個のものであることを承知しておかなければなりません。ですが全麺協のそば大学は平成25年(2013)に北海道砂川で開かれて以来、途絶えております。原則として四段・五段受験者講習と同時開催で、そのため3日間という長い日程になっており、参加者から苦情を寄せられたことが理由のようです。最近の傾向からすると、四段・五段受験者講習は東京の日本教育会館で、四段実技審査は全国各地で、五段実技と発表審査は富山県南砺市で行うようになりました。今回も5月27日(土)・28日(日)の2日間で同所で行う予定です。そして今年も全麺協主催のそば大学講座の予定はありません。
 
  これまで余り熱心に情報を集めていなかったこともあり、またこれまで所属していた某会ではそういう情報を流してくれなかったので、そば大学というものがあることは知っていたのですが、参加したことはありませんでした。勉強のためにも、あるいは情報集めのためにも毎回参加した方が良いと思いました。なお全麺協が後援していることから、ポイントがもらえるかもしれません。
 
  この千葉県独自のそば大学では受講生全員にその都度「修了証書」が渡され、その受講回数が何回かになると「学位記」が授与されるそうです。10回受講し、かつ論文審査を通れば「そば学」の博士号が与えられるというのですが、これが大学が与える学位と同じなのかどうかは確認していません。免状マニアの方にとっては垂涎の的となることは間違いありませんね。それにしても10年掛かることですので、ゆっくり修行していきたいものです。  
 
  以下に予定されている講座内容を示します。
1.オーガナイズセッション「そばの食味を考える」
   オーガナイザー:筑波大学生命環境系教授 林 久喜氏
   パネリスト:松屋製粉(株)研究室長 金子佳男氏
         元長野食品工業試験場 大日方洋氏
         松本歯科大学 赤羽章司氏
2.プロのそば打ち動作を考える
   講演者:理化学研究所 情報基盤センター長 工学博士 姫野龍太郎氏
   ユニットリーダー:野田茂穂氏
3.プロのそば打ちに学ぶ:満志粉当主 福井県第3代名人 益子正巳氏
 
以上
 
 
TOPへ戻る